• オルソケラトロジーの基礎知識
  • オルソケラトロジー実施クリニック
  • オルソケラトロジーVSレーシック
  • 様々な視力回復方法のご紹介
オルソケラトロジーの基礎知識

オルソケラトロジーとは

オルソケラトロジーとは、夜寝る時に矯正用の特殊なコンタクトレンズを装着し、角膜を正常な形へする角膜矯正療法です。アメリカで30年以上前から行われている療法であり、既に100万人以上の方が治療されているという実績もあります。

朝と夜に装着
オルソケラトロジーの人気の理由は簡単な使用方法にあります。夜間に矯正用のコンタクトレンズを装着するだけで、一時的に裸眼で生活ができます。ただし、角膜はとてもやわらかく、デリケートな細胞ですので、時間が経つと矯正が徐々に直ってしまいますので、オルソレンズを毎晩使用する必要があります。
全世界で行われている視力回復方法
オルソケラトロジーは30年以上前からアメリカで行われていた矯正療法です。現在では、日本はもちろんのこと、韓国、中国、ヨーロッパなどの国々で利用されており、その安全性は米国FDAで認可されているなど、高い安全性と効果が得られます。
めがねやコンタクトから開放されます
個人によって差はありますが、オルソを1~3時間程度装着しただけで、視力が1.0以上へ回復されれる方も多々いらっしゃいます。また、視力の安定期に入ると毎日装用しなくても、2~3日に一度で視力は維持できる場合もあります。

他の視力回復方法

オルソケラトロジーとは、矯正用コンタクトレンズにより、角膜の屈折異常を正常化させることによって近視を回復させます。そもそも、近視というのは、角膜や水晶体の屈折力のバランスがあっておらず、焦点が網膜上よりも前にずれてしまてしまっている状態をいいます(図左)。オルソレンズを使用することにより、焦点が正常に合うように、角膜を矯正します(図中)。角膜はとてもやわらかく、レンズで形状づけた正常な形で一定期間とどまりますので、日中に裸眼で過ごせるという仕組みです(図右)。

オルソケーレンズ

オルソケラトロジーの治療ができるおすすめクリニック

レイ眼科クリニック

レイ眼科クリニック(兵庫県神戸市)

さまざまな眼科疾患に対応できるよう、国内最高レベルの充実した診断・治療機器を各種揃えております。
オルソケラトロジー以外にも、レーシック手術や近視治療、白内障手術、斜視手術、ドライアイや眼精疲労、緑内障の診断・治療、VDT検診など様々な診療をおこなっています。  ご予約はこちら
神奈川アイクリニック
神奈川アイクリニック

近視・遠視・乱視を治す、画期的な視力回復治療レーシック!