• オルソケラトロジーの基礎知識
  • オルソケラトロジー実施クリニック
  • オルソケラトロジーVSレーシック
  • 様々な視力回復方法のご紹介
近年注目を浴びている視力回復法「レーシック(LASIK)」。レーシックとは、レーザー治療で視力が回復できるという脅威の視力回復法です。オルソケラトロジーとレーシックを比較しました。

そもそもレーシックって?

レーシックとは、角膜屈折矯正手術の一種です。単にレーシックと呼ばれる手術の場合は、一般的にマイクロケラトームを使ってフラップを作成するタイプの施術法のことを指します。マイクロケラトームとは、電動カンナのような機械。角膜の表面を薄く削り、フラップとよばれる蓋状のものを作ります。フラップをめくり、そこにエキシマレーザーを照射し、角膜の一部を削り屈折力を調整することで、視力を矯正するのです。20分~30分程度で手術自体は終わってしまいます。また、レーザー照射の調節を行うことにより、乱視の矯正も可能になります。

レーシックの治療ができるクリニックは

神戸クリニック

神戸クリニック

手術後のアフターケアが万全!検診・相談だけでなく、万が一の再治療や合併症治療まで追加費用なしなので安心です!
銀座近視クリニック

銀座近視クリニック

安心して治療を受けていただくため、お客様に合わせた最善の治療メニューを執刀医が直接ご提案いたします。

レーシックとオルソケラトロジーを比較

回復方法、費用などの項目でオルソケラトロジーとレーシックを比較しました。手術をするのはちょっと…と思う方はオルソケラトロジーを選ぶとよいでしょう。毎晩コンタクトレンズを装着するのが面倒な方はレーシックが向いています。視力回復をお考えの方は、参考にしてみましょう。

項目名 レーシック オルソケラトロジー
回復方法 レーシックでは、エキシマレーザーという10000分の1ミリ(1ミクロン)単位で角膜の形状を変えることができる高精度の医療機器を用います。角膜の形状を変えることで近視や遠視の原因である屈折異常を正常に治し、視力を矯正します。 オルソケラトロジーでは、矯正専用のコンタクトレンズを使用して、角膜の形状を変えて異常屈折を矯正します。ただし、角膜はとてもやわらかく、新陳代謝が活発です。そこで、毎晩寝る前に矯正レンズを着用し、角膜の形状をくせづける必要があります。
効果 個人差はありますが、レーシック手術を受けた直後から視力が回復し始め、翌日には目標の視力まで回復する場合もあります。 オルソも個人差はもちろんありますが、早い人で数時間で視力回復が実感できます。安定する人であれば、1日以上裸眼で過せる可能性もあります。
料金/費用 レーシック手術は一般的に両眼で、¥200,000~¥500,000ほどかかります。(クリニックによって大きく異なります) オルソの治療費もクリニックによって異なりますが、一般的な相場として両眼で¥200,000~¥400,000でしょう。
適用/不適用 未成年、高齢者の方、妊娠中・授乳中の方、職業柄、目に衝撃を受けてしまうような人、眼に疾患や内科的疾患がある方、角膜異常の方など 角膜に疾患がある方、強度の近視の方、眼科的疾患のある方、強いアレルギーをお持ちの方、強度のドライアイの方、強い乱視の方など
安全性 レーシックの手術方法は米国FDAの許可を通っている安全性の高い手術です。 オルソで使用するコンタクトレンズも同様に、米国FDAが認証している素材を用います。
特徴 レーシックは角膜を手術で矯正します。一度、手術を受けてしまえば、大抵のケースの場合、安定した視力が得られます。 オルソでは、矯正用コンタクトレンズを定期的に装着する必要がありますが、手術をする必要がありません。
代表的なクリニック 神奈川クリニック眼科
安心・低価格でレーシック治療ができる神奈川クリニック眼科。
品川近視クリニック
レーシック治療といえば品川近視クリニック。症例数の多さが評判。
レイ眼科クリニック
オルソケラトロジーの実績抜群。不明な点はレイ眼科クリニックに相談ください。
まとめ
レーシックもオルソケラトロジーも視力回復方法のひとつです。手術の必要性、治療期間などに大きな違いはありますが、どちらも共に安全性が高いといえます。医師との綿密な相談から、自分に一番合った施術法を選ぶようにしましょう。
神奈川アイクリニック
神奈川アイクリニック

近視・遠視・乱視を治す、画期的な視力回復治療レーシック!